Memo
いろんなメモ。

Xacti J4 B0001Z8VDC

2台目のデジタルカメラ(ちなみに1台目はKodak DC20)として数年使用していたMINOLTAのDiMAGE XのCCDの画素異常を発見してからというもの、発色がよくないとかその他の欠点も目に付いてきて、この機会に新しくしてしまおうと思い立った。

もちろん、同シリーズのDiMAGE X50も、オートマクロとかの長所もあり考えたのだけれど、Webにあるサンプル画像の画質の悪さと、これから挙げるXacti J4の利点が備わっていなかったので候補から外れてもらいました(DiMAGE Xの修理についての問い合わせの際、メーカーの対応が極めて悪かったから、というのもわずかながらある)。※後に知ったのだが、DiMAGE X50はSANYOのOEMらしい

双方、プリズムによる屈曲光学系を使ったインナーズーム機ということもあり、何度も引き合いに出させてもらうけど、どうもDiMAGE Xシリーズはカタログスペックばかりよくしようとしているように思える。起動は速いがAFが遅かったり。それじゃ意味ないじゃん。
でも、J4はスペック表ではわからない優れた点が多い。使い勝手に関することばかりなのだけれど、私の場合はそのおかげで撮影機会が以前よりだいぶ増えた。

液晶モニタ付のデジカメを使っていて気になることといえば、本体を動かしたときに液晶モニタ表示が遅れるということ。瞬間を撮影するカメラにとって、これって致命的じゃない? Xacti J4は速い(60fpsらしい)。ショップで展示品をいじってみても、ここまで速い機種は他にあまりない。
それとメニュー表示のレスポンス。ボタンを押したらすぐ反応するし、連打もできる。これができてない製品はとてもストレスがたまるものだけど、けっこう多い。

画質については、まあ、コンパクトデジカメとしては普通なんじゃないでしょうか。一応、レンズは明るいほうだとは思うけど。素人の私には十分です。
その他、SANYOのデジカメといえば動画性能に定評が。というか、この点については、動画デジカメとかムービーデジカメという登録商標を使ってるくらいなので当然でしょう(ちなみにデジカメもSANYOの登録商標)。
ちなみに、ボディカラーは3色ありますオレンジもあるの?